毛周期について


main_top
今すぐチェック

毛周期について知っておく

毛が生えてから抜け落ちるまでの、毛の生え変わりのサイクルのことを「毛周期」といいます。

毛周期には、「成長期」「退行期」「休止期」の3つのサイクルがあり、休止期から成長期、成長期から退行期、退行期から休止期といったようにこのサイクルを繰り返しています。

毛が成長して伸びている期間は「成長期」にあたり、この期間が長ければ長いほど毛の長さもながくなります。

成長期間の毛は、メラニン色素や水分をもっとも多く含んでいるため、脱毛するのに最も適した時期と言えます。

毛の成長が止まり抜け落ちるまでの期間は「退行期」にあたり、シャンプーやブラッシングなどによって抜け落ちるのはこの時期です。

毛が抜け落ちて次の毛が生え始めるまで発毛が停止している期間が「休止期」にあたります。この時期は、毛がない状態なので脱毛には適していません。

また、この毛周期の長さは、毛の生えている部位によって変わります。

例えば、髪の毛が長くなるのに対して、ワキ毛などの体毛が髪の毛のように切らなくても長くならないのは、毛周期が短いからです。

このように部位によって周期が違うため、施術したい場所の毛周期のサイクルに合わせてサロンに行くことも大切なのです。

毛周期に合わせて脱毛に通うことが肝心!

脱毛サロンでの脱毛ではこの毛周期に合わせて脱毛に通うことが脱毛成功への近道です。

しかし毛周期に合わせて通うってどうやって?と思われますよね。

毛周期は目に見えませんし、1つ1つの毛穴ごとに異なりますから一概にいつ脱毛すればいいか言えません。

そこで今回は毛周期に合わせて通う方法について説明しましょう。

最初は2ヶ月おきがベスト

始めは多くのサロンが個人差のある毛周期を見定める為に2ヶ月おきの頻度で脱毛施術を行います。

ワキや足・腕など生える場所によって毛周期は異なり、比較的毛周期が長期間の部位と短期間の部位があります。

その上、個人差どころか良く見ると1つ1つの毛穴ごとに毛周期が異なりますから、その1つ1つに最適なタイミングで脱毛するのは不可能です。

では、毎日フラッシュ脱毛すればその日にベストタイミングの毛穴の脱毛ができると考えるかもしれませんが、頻繁な照射は肌を傷めてしまいます。

ですから、それぞれ異なる毛周期をまずは見極める為にも多くのサロンが2ヶ月おきに脱毛に通うスケジューリングをしています。

最後まで2ヶ月おきの場合や3ヶ月おきに伸ばすケースも

その後、3~4回ほど施術をすると、毛が細く薄くなる効果が見られます。

こうなってくると、次の施術はより確実に毛周期を見定めなければなりません。

1回の施術でより多くの活動している毛母細胞にダメージを与え、脱毛する為には、毛周期のリズムを読み解く必要があります。

これはプロのエステティシャンがしっかり肌と毛の状態を見て、豊富な知識と経験から割り出してスケジューリングしてくれます。

効果の現れ方によっては引き続き2ヶ月ごとに、人によっては3ヶ月おきに通う頻度を伸ばすケースもあります。

1年~1年半で自己処理が不要に!

このようにして2ヶ月おきに通い続ければおよそ6回の脱毛施術に1年かかりますね。

途中から3ヶ月おきになった場合には1年半くらいで6回の施術が完了します。

この周期に誰もが当てはまるとは言えませんが、毛周期に乱れがなく、健康な肌環境を保った状態であれば多くの人が6回施術を終えた1年~1年半後に自己処理が不要なくらいの仕上がりになります。

成功の秘訣は毛周期だけではない

ただし、毛周期に合わせて通っていれば脱毛が必ず成功するわけではありません。

脱毛期間中の生活習慣やストレスによって毛周期は簡単に乱れてしまいます。

毛周期が乱れると、施術の際に活動している毛穴が少なくなる場合があり、最悪の場合は脱毛完了後にも毛が多少減って細くなったくらいの効果しか得られない場合があります。

脱毛期間中の保湿ケアなど気を付けなければならないところも守りつつ、毛周期に合わせてきちんと通うようにしましょうね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2015 千葉市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.