ムダ毛処理のコツ~カミソリ・シェーバーの場合~


main_top
今すぐチェック

ムダ毛処理のコツ~カミソリ・シェーバーの場合~

カミソリやシェーバーを使った脱毛は、手軽に短時間で広範囲の処理ができます。

足や腕、ワキをこの方法で処理している人は多いのではないでしょうか。

ただ、手軽にできる一方で脱毛後に肌が赤くなったり、カサカサしてしまったりと、トラブルが起きやすいのも事実です。

トラブルをできるだけ防ぐためにも、以下のポイントを押さえておくといいでしょう。

1 処理まえに肌をきれいにする

カミソリで処理したときに傷が出きて、肌に付いている雑菌がそこから入り込むと炎症などを起こしてしまうことがあるため、処理をはじめる前に肌の汚れを落とし、清潔な状態にしておきましょう。

2 肌を温めて毛をそりやすくする

お風呂や蒸しタオルなどを使って肌を温めて毛穴を開かせます。

毛穴が開いて水分を含むと毛や皮膚が柔らかくなるため、処理をしやすくなり肌への負担も少なくなります。

3 肌を滑りやすくする

カミソリ負けを防ぐために、シェービングローションや脱毛専用のクリームなどを塗って、肌を滑りやすくしてから処理します。

専用のローションやクリームは、滑りをよくするだけでなく肌を保護してくれます。

ボディーソープでも肌は滑りやすくなりますが、長時間使用すると肌に必要な油分までも失われてしまうのであまりおすすめできません。

4 カミソリは新しいものを使用する

切れ味の悪いカミソリを使うと、一度で処理できずに肌を傷つけたり、肌に負担をかけたりしてしまいます。

また、古いカミソリを使うとカミソリに付いている雑菌が、肌の傷から入り込み炎症を起こす原因にもなります。

5 毛の流れに沿って処理する

カミソリで処理する際に最も重要なのがココです。

毛の流れに逆らって処理をすると、毛を深剃りしてしまったり、毛穴を傷つけたり、肌の表面を深く削り取ってしまったりします。

毛の深剃りは埋没毛の原因になりますし、毛穴を傷つけるとそこから雑菌が入って炎症を起こしてしまう可能性があります。

6 同じ場所を何度も処理しない

同じ場所を何度もそってしまうと、肌に負担がかかってしまいますし、毛と一緒に肌の角質層まで削り取ってしまい、肌が固くなる原因にもなってしまいます。

7 処理後は保湿をする

カミソリでムダ毛をそると、毛と一緒に肌の表面を削ってしまっています。

そのため、処理後の肌は非常に乾燥しやすくなっています。

カミソリで削って傷ついた肌を保護し、乾燥を防ぐためにも美容液などでしっかりと保湿をしておきます。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2015 千葉市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.