ムダ毛処理のコツ~脱毛テープの場合~


main_top
今すぐチェック

ムダ毛処理のコツ~脱毛テープの場合~

脱毛テープは、肌に薬剤の塗られたテープを貼り、そのテープをはがすとともにムダ毛を抜く方法です。

原理は毛抜きと同様ですが、薬剤を使うため肌が荒れたり、かぶれてしまったりする場合もあります。

特に肌が弱い人にはあまりおすすめできません。

1 ある程度ムダ毛を伸ばしておく

処理したい部分の毛が短いと、テープに毛がうまく貼りつかず取り残しができてしまいます。

事前にある程度の長さまでムダ毛を伸ばしてから処理をしましょう。

2 処理前に肌をきれいにする

毛を抜いたときに毛穴から、肌に付いている雑菌が込むと炎症などを起こしてしまうことがあるため、処理をはじめる前に肌の汚れを落とし、清潔な状態にしておきましょう。

3 肌を温めて毛を抜きやすくする

蒸しタオルなどを使って肌を温めて毛穴を開かせます。

毛穴が開いていると毛が抜けやすくなり肌への負担も少なくなります。

4 痛みを抑えたいときは肌を冷やす

処理前に肌を冷やしておくと、毛を抜くときの痛みを緩和できます。

5 肌に付いている水分を落としておく

肌に汗などの水分が付いていると、テープの粘着力が落ちてしまいます。

風呂上がりに行うときは、汗が引いてから処理をするといいでしょう。

6 ぴったりと貼る

処理したい部分の毛の流れを整え、空気が入らないようにテープを貼ります。

7 一気にはがす

毛の生えている向きと逆方向に一気にはがします。

脱毛テープを貼ってから時間が経つと、テープの粘着力が弱くなってしまうので、あまり時間をおかないようにします。

8 処理後は肌を冷やします

毛を抜いたことで毛穴が目立つようになるので、冷たいタオルなどで冷やして毛穴を引き締めてあげましょう

9 処理後の肌は清潔にする

毛を抜くことで開いた毛穴から雑菌が入り込み、炎症を起こすことがあります。

それを防ぐためにも、処理後は肌を清潔にしておきましょう。

10 残った毛は別の方法で処理する

脱毛テープは、強い刺激が加わるため肌に負担がかかります。

何度も使用していると、毛穴が広がって目立つようになったり、色素沈着を引き起こしてしまうことがあります。

そのため、取り残しがあったときは、カミソリや毛抜きなどで処理をするといいでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2015 千葉市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.