脱毛期間中の注意点


main_top
今すぐチェック

脱毛期間中はスプレー使い過ぎに注意

脱毛期間中はスプレー使い過ぎに注意する!

脱毛期間中の人は、スプレーの使用しすぎに注意しましょう。

現在は様々な場面でスプレーを使用する瞬間がありますよね。

髪をセットする際のスプレー、夏場の汗ケアに欠かせない制汗スプレー、臭い軽減のためのデオドラントスプレー等々ですね。

これらのスプレーはもちろんそれぞれ成分が違いますから、注意点も異なりますが、使用に関しては一貫して「多用」が禁物です。

スプレー類の多用で、場合によっては脱毛効果に悪い影響を与えてしまい、最悪の場合は脱毛キャンセルしなければならないこともあるんです。

その理由は大きく分けて3点あります。

理由1:自浄作用が働かなくなる恐れも

制汗スプレーの多用によって、汗を長い時間止めていたりすると、本来汗が果たしていた役目が果たされず、肌環境が悪くなってしまう恐れもあるのです。

汗には温度調整の働きの他に、肌表面についた汚れを洗い流したり、余分な皮脂を流す働きがあります。

この汗が抑えられることで、肌表面の自浄作用が働かず、肌に汚れや皮脂が貯まります。

これにより雑菌が増えるなどして肌環境が悪くなると、脱毛効果が低くなるなどの影響がでる恐れがあります。

制汗スプレーは夏場に便利ですが、使用する際は注意しましょう。

理由2:整髪スプレーで肌環境が悪くなる恐れも

その他にも、髪を整えるために使用する整髪スプレーによって、顔や首筋などの肌が荒れることがありますね。

人によってはなかなか治らない人もいて、治りが遅いといったん脱毛をおやすみしなければならないこともあるのです。

最近は整髪スプレーも、以前のように硬くならず気軽にセットできるので、毎日使っている人も多いですね。

しかし、スプレーは粒子が細かい上、髪から離して広範囲に吹きかけることが多いので、自ずと顔の皮膚にかかったり、デコルテにかかったりしてしまいます。

特にうなじや襟足は、髪についた制汗スプレーがつくこともあって肌に炎症や腫れなどの症状がでる場合があります。

肌環境が悪くなると施術時のトラブルリスクも高くなりますし、たとえ施術がうまくいっても脱毛効果が低くなってしまうかもしれません。

整髪スプレーも首にタオルを巻いて吹きかけたり、肌にかからないような工夫をして吹きかけましょう。

また、スプレーではなくワックスタイプのもので髪をまとめるなどして、肌につきにくくしましょう。

理由3:化学物質過敏症を発症することもある

最後にこのようなスプレー類は肌にどうしてもかかってしまう機会が多いですよね。

それぞれに化学成分が入っていますので、継続的に使用すると過敏症を発症するリスクが高まります。

発症してしまうと、なかなか症状が治まらず、脱毛施術ができなくてキャンセルになってしまうこともあります。

化学成分が入っているこれらのスプレーを多用せず、髪用のものなどは髪以外の部分にはかからないようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2015 千葉市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.