脱毛期間中の金属アレルギー


main_top
今すぐチェック

脱毛期間中に金属アレルギーになった場合

脱毛期間中に金属アレルギーになってしまったら?

脱毛期間中に金属アレルギーになってしまった場合でも、脱毛は継続できます。

しかし、念のためですがサロンスタッフには伝えましょう。

過度な金属アレルギーではヘッドに反応する場合も

脱毛時に使用する美容脱毛器のヘッドは清潔面なども考慮して金属製である場合があります。

金属製のヘッドの場合、かつ脱毛する部位が金属アレルギー反応の出やすい部位である場合に、ヘッドに反応して金属アレルギーの症状が出る場合もあります。

ですから、サロンスタッフには、事前にアレルギーの有無を伝えておくのがベストですし、途中で金属アレルギーの症状が出てきたら相談するようにしましょう。

基本的にはジェルを挟んでアレルギーは起こらない

多くのサロンではヘッドとの間にジェルを使用しているので、肌と直接触れ合うことが少なくなるためアレルギー反応は起きにくくなります。

ただし、最近ではジェルが嫌な人もいるために、ジェル不使用のサロンも出てきています。

その場合、ヘッドを直接肌に当てることになりますので、肌のアレルギー反応の出やすさによっては反応がみられる場合があります。

そもそも金属アレルギーは金属から出る金属イオンなどが肌に浸透し、それに対して体が防御活動を行うために、炎症などのトラブルになることを言います。

ジェルを挟んでいれば、肌に金属イオンが直接的に浸透する心配がないので、アレルギー反応が出にくいです。

アレルギーが強い人はジェルを使用しているサロンでお試し脱毛などを受けるのがおすすめです。

アレルギーによって肌トラブルがあると脱毛できない

アレルギーによって肌トラブルが出ている間は、もちろんですが傷ついた肌には脱毛施術を行えないので脱毛できません。

急に金属アレルギーになってしまい、日焼け止めなどと反応して襟足や腕などに激しい炎症が起きてしまったなんてこともあり得ますよね。

金属アレルギーのもととなったアクセサリー類を外してもなかなか炎症が落ち着かない場合も多くみられます。

夏場は汗による肌への刺激も考えなければなりませんね。

金属アレルギーが出たら、炎症が落ち着くまで冷やしたり、適切な医療機関を受診して早く炎症を抑えるよう心がけましょう。

また脱毛予約日が迫っている場合は、施術が難しいかどうか、サロンスタッフに確認しましょう。

無理して脱毛しても、弱っている肌の場合は脱毛効果が思ったほどでない場合があります。

肌チェックはサロンのプロのエステティシャンに任せるのが一番ですから、まずはサロンへ連絡して、アレルギーが出たことと炎症の有無を伝えましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2015 千葉市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.