脱毛を受けるのが痛い部位


main_top
今すぐチェック

脱毛を受けるのが痛い部位と言えば!?

脱毛を受けるのが痛い部位と言えばどこ?

脱毛マシンの進化や技術の進歩により、どんどん脱毛できる部位が豊富になってきていますね。

現在では、粘膜部分に生えている毛を除けば、ほとんどの部位が施術可能となっています。

ですが、部位によって毛の生え方や肌の状態が違うために、痛いと感じる部位も違ってくるので、注意が必要です。

例えばワキの脱毛を試してみて、「この程度の痛みなら十分我慢できる」と安易に考え、VIOラインや顔の脱毛にチャレンジすると、予想外の痛みに驚くことがあります。

VIOラインや顔といった部位はお肌がデリケートで、痛みにも敏感です。

そのため、ワキの脱毛では感じられなかったような強い痛みや不快感を覚えてしまうこともあるのです。

脱毛サロンで特に痛みが強い部位として挙げられるのは、Iライン、Oライン、鼻下、襟足です。

Iラインは比較的、濃いムダ毛が生えていることもあり、これに光が強く反応してしまう可能性があります。

しかもお肌がデリケートな部分なので、強い痛みを感じることがあるのです。

それからOラインは粘膜に近く、とても敏感です。

脱毛が強い刺激に感じられ、飛び上がるほど痛いという感想を抱く人もいます。

また、鼻下部分も毛抜きでムダ毛を抜いたりしてみると、涙が出てくるような痛みを感じますよね。

それだけ痛みを感じやすい部位なので、どうしても脱毛時にも痛いと感じてしまう方が多いようです。

襟足に関しては個人差はありますが、骨が近いためか、不快な痛みを感じる方がいます。

これらの部位は、受ける際には痛みに対するちょっとした覚悟が必要です。

ですが、我慢できないほどの激しい痛み、というわけではありませんし、どの部位も範囲が小さく、施術は一瞬で終わります。

実感できるメリットの大きさを考慮すれば、痛みを覚悟してでも、チャレンジしてみる価値はありますね。

ただ、もしどうしても痛みが強すぎて我慢できないという時には、無理せずスタッフに相談しましょう。

スタッフも痛みに配慮し、出力を弱めるなどの対応をしてくれるでしょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2015 千葉市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.