脱毛部位の保湿ケア


main_top
今すぐチェック

脱毛部位の保湿ケアには手作り保湿クリームはダメ!

脱毛部位の保湿ケアには手作り保湿クリームはNG

脱毛期間中に手作りの保湿クリームを作っても、脱毛部位には使用しないようにしましょう。

最近は何でも女性がDIYするのが流行で、料理やインテリア雑貨だけでなく、化粧品も自作する女性が増えてきています。

しかし、素人が簡単なネットレシピなどを見て作る場合、知識不足によって肌に悪影響をもたらしてしまう恐れもあるのです。

ですから、脱毛期間中は特にデリケートになっている肌に、自作した化粧品や手作りの保湿クリームなどを使用するのはおすすめできません。

今回はその理由を詳しく解説しましょう。

理由1:肌トラブルが起こる場合も

脱毛部位の肌は期間中とてもデリケートな上、自作した保湿クリームに含まれる成分が肌に刺激の強いもので、肌トラブルが起こってしまう恐れがあります。

自作していれば肌に優しいと思っている人がいますが、逆に簡単に作ろうと思ったり、安価に作ろうと思ったりすると、肌に刺激の強いものを入れざるを得ない場合があります。

例えば、香料などは肌にとても刺激が強いです。

また、クリームにちょっとした色を付ける場合の染料もあまり肌に優しいものではありません。

その他にも、肌に対して刺激が強いものはあります。

知識が少ないと、どの材料を選んで作ればいいか、自分の肌に本当にあったものを作れません。

まだ他人のレシピを見て作るだけの場合は、成分に対する知識が浅いです。

思いもよらない肌トラブルに見舞われる可能性もあるので、場合によっては脱毛中止になってしまう恐れもあります。

脱毛期間中はなるべく市販の低刺激のものを選び、自分の肌に合ったものを探すようにしましょう。

理由2:保湿効果が市販のものに満たない場合も

さらに自作した場合配合が自分の肌に合わず、保湿効果や美容効果が十分でなく、肌が知らないうちに乾燥がちになることもあります。

脱毛期間中の乾燥は、脱毛効果を下げますし、脱毛後の仕上がりも悪くします。

脱毛が終わった時に、美肌も一緒にかなえたい人、短期間で脱毛成功したい人は、特に肌を乾燥させると良いことはありません。

市販の保湿クリームには、自分では手に入らないような美容成分が入っていることもあります。

知らないうちに肌が乾燥するのを防ぐ為にも、保湿効果が定かでないものを使用するのはおすすめできません。

理由3:短い使用期限を過ぎると肌トラブルの原因になる場合も

最後に、自作した保湿クリームなどの場合、保管する容器などの問題と、使用する原料の問題などから使用期限が短めの場合があります。

それを忘れて、底のほうでクリームがカビたり、腐ったりしていた場合、肌に良い影響を与えるどころか、肌を傷めてしまう原因にもなります。

使用期限などの管理が難しいので、やはり手作りのものは使用を避けることをおすすめします。

これらの理由から、脱毛期間中に手作りの美容ケア用品を作っても、脱毛部位には使用しないようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2015 千葉市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.