妊娠活動と脱毛


main_top
今すぐチェック

妊娠活動と脱毛のどちらを優先?

妊娠活動も脱毛も始めたい場合はどちらを優先?

何人かの芸能人も、ストレスフリーな妊娠活動をするために芸能活動を休止するなど、妊娠活動が世間でも広まってきました。

女性でもタイミングによっては脱毛もしたいし妊娠活動も始めないと、という方もいるでしょう。

しかし、タイミング法など自然妊娠に近い程度の妊娠活動以外では、基本的には一緒に行えないのが現実です。

タイミング法や基礎体温付けなどの段階はOK

妊娠の相談に産婦人科などへ行くと、まずはタイミング法や基礎体温を付けるなどの初歩的な方法を進められます。

タイミング療法は病院で排卵のタイミングを知ることができるので、その日に夫婦生活をもつことで妊娠を狙う方法です。

基礎体温は病院に行かなくても体温の変化から排卵日の予想ができるので、排卵日あたりで夫婦生活をもつ方法ですね。

この段階では、ホルモン剤などを処方されているわけではありませんから、日常生活と何ら変わりはありません。

脱毛に通ってはいけない理由は特にない状態です。

ただし、このような療法していて妊娠した場合、妊娠が分かった段階で脱毛をいったんおやすみする必要がありますから、その点だけ注意しておきましょう。

ホルモン剤などを服用する場合は脱毛をいったん休止するべき

これらの自然妊娠を主とした妊娠活動で妊娠できなかった場合、人工授精や体外受精などを行う必要が出てきます。

人工授精では排卵日に精子を子宮内に入れる方法、体外受精ではいったん卵子も精子も取り出して受精させます。

どちらもその方法だけでは体に何の異変もありません。

しかし、ホルモン剤を薬として使用することが多いので、毛周期に影響が出ることも考えて、脱毛効果の面でも妊娠活動に専念するためにも脱毛はいったんおやすみすべきでしょう。

妊娠活動の休止期に脱毛を入れ込むなどの方法もある

ただし、妊娠活動は本人の自由意思が肝心ですし、心に余裕をもって行わなければなりません。

ですから、ずっと妊娠活動を続けていてもうまくいかない場合も多く、半年がんばったら半年は妊娠活動をおやすみするなど、うまくいっている人も多いです。

そのような妊娠活動のおやすみ中などであれば、脱毛しても特に問題ありませんから、脱毛に通ってもよいでしょう。

妊娠活動中に精神的に参ってしまわないためにも、脱毛などの別の目標をもっておくことも大切なのですよ。

前向きな気持ちや精神的な安定感が大事なので、脱毛も妊娠活動もうまく付き合って続けていくことが大切です。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

Copyright © 2015 千葉市@脱毛エステサロン《人気口コミランキング!》 All Rights Reserved.